東芝冷蔵庫が故障h71について

東芝冷蔵庫が故障h71について.bmp
東芝冷蔵庫のエラーh71についてまとめてみます。
取扱説明書には記載されていないとネットでは言われているため、
参考になると幸いです。

東芝冷蔵庫が故障h71の原因


東芝冷蔵庫の故障h71について、原因は霜取りセンサーの故障だそうです。
冷蔵庫の霜は冷蔵庫内にある場合もあるのですが、主に冷蔵庫内部に存在します。
そのため取りたくてもなかなか取れず、存在すら気づかないことが多いですね。

スポンサーリンク




東芝冷蔵庫が故障h71の対処法


東芝冷蔵庫で故障h71のエラーが表示された場合の消し方については調べてみると2パターンあるようです。
まず1つ目は、冷凍庫に霜が付いているがまず確認します。
霜が付いている場合はその霜を取り除くと故障h71の表示が消える場合があります。

2つ目の方法は、コンセントを抜いて5分以上放置し、再度コンセントを入れる方法です。
2つ目の方法に関しては東芝の冷蔵庫が故障した場合だけでなく、家電製品でよくある方法だと思いますね。

東芝冷蔵庫が故障h71の修理について


東芝冷蔵庫が故障h71エラーが発生した場合、原因は霜取りセンサーの故障なので修理が必要になります。
修理箇所で言うと、冷蔵庫の温度ヒューズと除霜センサーの取り換えになります。
ネット情報で実際に修理された方によると、修理金額は税込みで23436円だったそうです。
実際金額を見ると結構高いと感じてしまいますね・・・。

修理時間は約30分ほどで終了したそうで、あっと言う間と言う印象だったようです。
金額については結構バラバラで、13000円の方もあったようです。
1万円の差は大きいと感じますね。